主婦でも借りられるキャッシング

主婦でも借りれるキャッシングとは?

手軽にキャッシングできるカードローンは、主婦にとっても大きな魅力があります。

主婦

主婦の方でキャッシングの申込みを検討している場合は、まず専業主婦か兼業主婦かで事情が異なります。
仕事を持たない専業主婦への融資が可能なのは銀行系カードローンです。
銀行系のカードローンは総量規制の対象にはなっていないためです。
総量規制というのは2010年の貸金業改正法による、年収の1/3を超える借入れを制限する法律です。
基本的には無収入である専業主婦は融資を受けられなくなりました。
しかしこの総量規制の対象となるのは貸金業者である消費者金融などで、銀行は対象外なのです。
銀行系キャッシング会社が扱うカードローンなら、専業主婦であっても収入証明書や配偶者の同意書なしで融資の申込みができるのです。
この場合配偶者が一定の収入を確保していることが条件となり、融資限度額も低く限られています。
借入れのしすぎは返済が困難になるリスクも大きくなります。
専業主婦は夫の収入だけが頼りですから、限度額は低いほうが安心といえます。
兼業主婦の場合は銀行系に限らず、申込みできるカードローンの選択肢が広がります。
これは自身が定職についていたり、パートやアルバイトで何らかのに収入がある主婦の方の場合です。
収入が安定していればその額にかかわらず信用は得られやすくなります。
銀行系だけでなく、消費者金融が提供するカードローンでも融資の申込みが可能になります。
前述した総量規制にもとづいて、借入れする総額は年収の1/3までとなりますので注意が必要です。

最近人気が高くなっているレディースローンも、主婦の方にはおすすめです。
女性専用のカードローンということで、利用する人をはじめスタッフの側も女性だけに限られています。
主婦の方で初めてのキャッシングに抵抗がある場合など、聞きにくいことも相談しやすいのが特徴です。
日々のやりくりに苦労する主婦の方も、返済計画をしっかり立てて利用することでカードローンが強い味方になります。


このページの先頭へ戻る