主婦でも借りられるキャッシング

見極めよう!グレーゾーン金利

10万円以下の場合は、年利で20%、10万円以上で100万円以下の場合は、年利で18%、100万円以上で年利で15%となります。
刑事罰は、出資法の規定により、金額にかかわらず、20%になります。
そのあいだの利率がいわゆるグレーゾーン金利になるのです。
出資法による上限金利は20%です。
20%の利率を超えて貸し出すと、契約をした時点で刑事罰の対象となり、ほとんどの貸金業者はこの年利を超える金利では貸し出しません。

 

つまり、現在、この20%以上で貸出をしているのはヤミ金などになります。
利息制限法については、10万円以下の場合は、年利で20%、10万円以上で100万円以下の場合は、年利で18%、100万円以上で年利で15%となっています。
刑事罰が課されるのは20%を超えた場合の貸付です。

 

今では、100万円以上で利息制限法を年利16%で貸付た場合はいいのかというとその場合は金融庁から行政罰があるのです。
この利息を超えた金額分については無効であると記載されているのです。
刑事罰の対象である20%と、利息制限法であれば無効とされている間の金利のことがグレーゾーン金利になるのです。
借りる際に業者まかせにせずに、きちんと自分で年利や返済額の計算をするようにしましょう。
グレーゾーン金利で以前借りてしまったという人は弁護士や司法書士に相談しましょう。
グレーゾーン金利で借りている場合は返還請求といって多く返済していた分の金額の払い戻しを請求できるのです。

 

 

主婦でも借りられるキャッシングはこちら


このページの先頭へ戻る