主婦でも借りられるキャッシング

カードローンとキャッシングはどう違うの?

カードローンとキャッシングにはどんな違いがあるのでしょうか。
まず始めにカードローンとは、クレジットカードやキャッシュカードで銀行口座を通じて一定の限度額を超えない範囲で自由に繰り返し借入することが可能な融資の事を指します。
カードローンは、直接窓口やATM、CD(キャッシュディスペンサー)で借入ができ、返済方法は多くの場合一括払いではなく、分割払い(リボルビング払い)が一般的に利用されています。
銀行系カードローンの他には消費者金融カードローンやカード会社のカードローン等があります。
キャッシングとは、キャッシングカードやクレジットカードに付帯しているキャッシング機能を利用して、ATMやCDで少額から借入できる融資の事です。

 

キャッシングでも分割払いができる場合もあります。
最近では、インターネットや携帯電話で簡単に借入できるようになり身近なものとなりつつあります。
この両者の明確な違いは金利です。カードローンは分割や一括払いが設定されていますが基本的にリボ払いが主流となります。
リボ払いの利息は10%台が多く、金融機関が長期にわたり高い利息収入を得ることができます。

 

一方キャッシングは、基本的に翌月に一括払いが主流になります。
金利が低いと金融機関にメリットが無いので、20%以上という高めの金利設定となっています。
消費者金融の場合は、利息制限の上限に近い高額な金利を使用している業者もありますので、自分にメリットのある方法を選ぶことが重要です。

 

 

主婦でも借りられるキャッシングはこちら


このページの先頭へ戻る