主婦でも借りられるキャッシング

クレジットカードの現金化とキャッシングの違い

キャッシングとは、借入の事を指し一般的に金融機関が個人に対して行う融資の総称です。
キャッシングは、貸金業法の総量規制の制定で年収の1/3以上の借入しかできなくなりましたが、一度利用すれば限度額の範囲内で借入の繰り返しが可能となっています。
主にATMや現金自動支払機からカードで借入や返済ができるので便利ですが、金利が高いので利子が膨れ上がってしまう恐れもあります。

 

一方クレジットカードの現金化は、ショッピング枠を利用して現金に換えるサービスの事を指します。
クレジットカードの現金化で使用するのはキャッシング枠ではなくショッピング枠なので、比較的金利も低く設定されているのでお得に現金を手に入れることができます。
支払い方法も分割、一括、リボ払いと選べて無理なく返済でき、利用したクレジットカード会社への支払いとなります。
現金化業者への利息の支払い等は一切ないので、クレジットの審査さえ通れば利用可能です。

 

しかし、クレジットの現金化には詐欺を目的とした業者も多く存在しているので業者選びも大切です。
そして、無計画に利用すると返済困難に陥るので収入に見合った利用をお勧めします。
またキャッシングと大きく違うのが、借入にならず無理な取り立て等が無いことや金利が一定であるということです。
クレジットカードの現金化はカード規約で禁止されているのでカード会社にバレた場合、強制解約か一括返済を求められる事がありますので利用の際は注意が必要です。

 

 

主婦でも借りられるキャッシングはこちら


このページの先頭へ戻る