主婦でも借りられるキャッシングの仮審査と本審査

仮審査通過後に本審査に落ちました。なぜ?

仮審査を通過しても本審査で落とされてしまう場合があります。
両者の違いはどこにあるのでしょう。
まず仮審査ですが、あくまでもコンピューター上で機械的に審査しており、情報に不備がないかチェックしています。
しかも、仮審査の情報は自己申告なので、見えや誤解によって情報間違いが起こりやすくなります。
それだけで審査に通すことはできません。
しかし、決して仮審査がいい加減というわけではなく過去の利用者の情報から、信用度を判断してくれます。

 

次に本審査です。
本審査は仮審査を通過した情報を、コンピューターではなく人が確認する作業になります。
ここでは、実際にカードローン会社が利用者の会社に在籍確認を行ったり、本人確認者類に不備がないか徹底的に確認されます。
ではなぜ本審査に落ちてしまったか考えてみると、重要なのが仮審査の記入内容と本審査の記入内容に相違がないかという点です。

 

例えば年齢、性別、独身既婚、勤続年収、勤務場所、年収、他社での借入等に虚偽があった場合本審査で落ちる原因となります。
仮審査で提出した情報を、人が丁寧に調べていくので、仮審査で通過していても本審査で落ちることは十分考えられます。
他にも、他社からの借入金額や件数が多い場合や申し込み者の職業や勤続年数の短さ等落ちる要素の一つです。
本審査に通らなかった理由を金融機関に尋ねたとしても応えてくれないところがほとんどだと思われるので、審査に通らなかった原因をよく考え、対策を立てて申し込みをすることが重要です

 

 

主婦でも借りられるキャッシングはこちら


このページの先頭へ戻る