主婦でも借りられるキャッシングの借入額の適正範囲

借入額の適正範囲

適正範囲とは、審査で決められた実際に利用できるとされる金額のことです。
カードローンやキャッシングの際書類の借入希望額に金額を記入しますが、希望した金額がそのまま融資されるわけではありません。
借入希望金額はあくまでも希望なので、審査で適正範囲内の金額になるよう調査されます。
利用者は会社員、アルバイト、自営業、専業主婦等それぞれ収入や生活環境が異なりますので適正範囲の限度額も違ってくるのは当然のことです。

 

例えば、専業主婦が200万円必要で借入希望額に記入したとして、200万円必要なのはわかりますが実際に返済能力があると判断されにくく、専業主婦が返済できる限度額は30万円前後といわれておりそれ以上の借入は適正範囲外とみなされます。
なので、希望した200万円より大きく下回る借入となります。
上記の事例の逆もあり、本人が10万円しか借入希望していない場合でも、審査では100万円が適正だと判断され限度額に設定される事もあります。
希望限度額以上を望まない方は、限度額の引き下げを希望することもできます。

 

では、なぜ希望した額と適正範囲内の額と差が出るのがわかっていて借入希望欄に記入しなければならないのでしょう?
理由は、利用者がどのような理由でどのくらいお金が必要なのかを把握するためだと言われています。
カードローンを申し込む際、どのような目的で利用するのか集計し、新しい利用者の開拓や犯罪に利用されないように管理されています。

 

 

主婦でも借りられるキャッシングはこちら


このページの先頭へ戻る