主婦でも借りられるキャッシングの審査基準

主婦がキャッシングするときに見られる審査基準

カードローンを利用したいと考える人の中には主婦の方も多いと思いますが、貸金業法の改正により総量規制ができた事によって主婦の借入条件は厳しくなっています。
主婦の借入が全くできないかと言うとそうではありません。
消費者金融を利用するときは配偶者貸付という制度があり、配偶者の借入への同意者と結婚を証明する書類を提出すれば夫婦の収入の1/3の借入が可能です。
しかしこの制度は書類の確認や審査に時間がかかり家族に内緒では借入できません。
そのため、専業主婦への貸付は信販系と消費者金融系のキャッシング会社では行われなくなりました。

 

上記の法律に当てはまらないキャッシングが銀行系カードローン会社です。
銀行系カードローンは銀行が直接運営しているので総量規制の対象外になり主婦や専業主婦でも簡単に借入することが可能です。
家族の同意書や配偶者の収入証明証等も不要なので家族に内緒で申し込みができます。
銀行カードローン会社には、バンクイック(三菱東京UFJ銀行)、レイク、イオン銀行等の一度は名前を聞いたことがある大手銀行が運営しているので知名度や安心感もあります。

 

もともと収入の無い専業主婦の場合、限度額が10万円〜30万円程度の借入額となり、それ以上の金額を望む場合には、パートやアルバイトで就業し収入があることを証明する必要があります。
しっかりした返済計画を立てて借入を行わない場合、返済が滞って家族に知られてしまう事も想定できるので、返済はしっかり行いましょう。

 

 

主婦でも借りられるキャッシングはこちら


このページの先頭へ戻る