主婦でも借りられるキャッシングのメリットとデメリット

主婦キャッシングのメリットとデメリット

パート勤めをしていない主婦の方も多いと思いますがキャッシングは可能です。
実際専業主婦の人は、自己の収入が無い為お金を借りるのが難しいと思われがちですが、銀行系のカードローンや女性専用キャッシングサービス等で借入することができます。

 

なぜ消費者金融系で借入できないかというと、貸金業法の総量規制で年収の1/3以上の借入ができない事が決まっており、無収入の専業主婦の場合は借入が難しくなっています。
パート勤めしている主婦の方は、自己の収入がある為借入できる金融機関の幅が広がります。
一般的な消費者金融から銀行系カードローン会社に至るまで、自分に合った金融機関が選べます。

 

では主婦キャッシングにどんなメリットデメリットがあるのかというと、銀行系のカードローンを利用する際のメリットは、総量規制対象外なので主婦でも借入が難しくないというところです。
ATM等で返済や借入が自由にできて、消費者金融より金利が低く設定されているので安心して借入できます。
しかも、銀行が母体となっているので初めての利用でも安心感があるところが魅力的です。

 

次に消費者金融を利用する際のメリットは、銀行系に比べて審査基準のハードルが低く審査スピードも早い為、忙しい主婦には嬉しい限りです。
来店不要で手続きできる業者も多い為借入を知られたくない主婦の方のプライバシーも尊重されています。
しかし、専業主婦の借入ができなかったり金利が銀行系に比べて高いのがデメリットと言えます。
それぞれにメリットデメリットはありますが、自分に合ったキャッシング方法を確認し利用することが大切です。

 

 

主婦でも借りられるキャッシングはこちら


このページの先頭へ戻る