主婦でも借りられるキャッシングと消費者金融と銀行系カードローンの違い

消費者金融と銀行系カードローンに違いはある?

消費者金融と銀行系カードローンの違いは、大まかに言うと総量規制の対象かそうでないかです。
なので、20歳以上で会社員等安定した収入があれば借入でき、これには双方とも違いはありません。
まず総量規制とは、貸金業法で定められた法律で年収の1/3以上は借入できないシステムで、総量規制の対象となる消費者金融では専業主婦や無職の方は借入ができません。
収入が無い人や少額の人は銀行系カードローンをお勧めします。

 

銀行系のカードローンのメリットは、都市銀行や地方銀行が母体となっているので安心感と信頼があり豊かな資金源と金利が低く設定されている事です。
審査が消費者金融より厳しく返済能力があるか借入額が妥当か時間をかけて審査をされます。
一方消費者金融は、悪いイメージを抱かれやすいですが利用の仕方を間違えなければ問題なく便利に利用できます。
消費者金融のメリットは、審査が比較的簡単でアルバイトやフリーターでも審査が通れば借入可能です。

 

特に早く融資を受けたい方には重宝されるカードローンと言えるでしょう。
しかし、銀行系カードローン会社に比べて金利が高くなかなか完済できずに返済が滞る事もあります。
両方の違いを知った上で自分がどのくらいの借入をしたいか明確にし、消費者金融か銀行系カードローンかを選んでください。

 

 

主婦でも借りられるキャッシングはこちら


このページの先頭へ戻る