主婦でも借りられるキャッシングと審査で重要視される項目

審査で重要視される項目

審査で重要視される項目は、申し込み者自身の身元が明らかになる情報で、年齢、氏名、職業、年収が主だった項目と言われています。
消費者金融の多くはターゲットを20代〜30代にしている為、この年齢が最も評価されやすくなります。
だからと言って40代以上が全く借りれないわけではありませんので安心してください。

 

次に職業ですが、キャッシング審査における職業はとても重要で、高収入だから良いというわけではなく安定した職業かが重要視されます。
他にも、年収が低すぎたりしない場合は問題ありませんが、総量規制が制定された事によって一定額以上の与信を受ける場合所得証明書の送付が必要となります。
また、勤続年数が短いと安定性に乏しいと審査されやすいので注意が必要です。

 

最後に、住居や携帯電話や固定電話があるかないかも審査の上で重要視されています。
具体的に、住居は一般的に持ち家の方が有利となりますが、賃貸でも借りている年月が長いなら問題ありません。
しかし、あまりにも賃貸契約期間が短いと業者側も審査に慎重になる傾向があるようです。

 

携帯電話や固定電話は、連絡手段の有無に重要で、すぐに連絡がつく携帯電話は特に評価されやすいようです。
固定電話も所在を確認する上で重要とされているので有利と言えます。
特に両方持っていると格段に評価されます。

 

 

主婦でも借りられるキャッシングはこちら


このページの先頭へ戻る