主婦でも借りられるキャッシング 他社 借入

他社で借りていても新規で契約できますか

他社で借り入れがあっても新規契約は可能です。しかし、以下の条件に当てはまる場合は注意が必要です。
まず、キャッシングの契約審査では借入金の総額が多いよりも多重債務の方が不安視される傾向にあり、審査に通りにくくなると言われています。

 

例えば、借入総額が同じでも1社から借入しているのと3社から借入しているのではまったく違います。
1社でも2社でも良いので借入業者を減らしていく事が重要です。

 

他にも、他社からの借り入れでしっかり滞りなく返済していれば問題はありませんが、借入する側が現在借入している業者への返済が遅れていたり滞っている場合は新規契約できない可能性があります。
そして総量規制のある消費者金融では、年収の1/3以上の金額は借入できないと決まっています。
なので、他社から借入している金額が年収の1/3以上に達している場合は新規契約ができなくなります。
ある業者の新規契約の条件からまとめてみると、正社員、派遣社員問わす在籍確認が取れること、自己破産後5〜7年経っていること他社の借入数が3社以内であること、総量規制にかかっていないこと、5年以内に事故歴が無いことが大切だと書かれています。

 

また、審査では保険の種類も重要で国保よりも社会保険が優遇されます。
なぜなら勤めている人しか加入できない保険なので働いている証明になるからです。
逆に、国保は働いていなくても加入できるのでキャッシング審査においては有利になることはないでしょう。

 

 

主婦でも借りられるキャッシングはこちら


このページの先頭へ戻る