主婦でも借りられるキャッシングと遅延損害金

遅延損害金について解説します

遅延損害金とは、法的に言うと債務不履行に基づく損害賠償金のことです。
簡単説明すると、金銭貸借契約を結ぶ際の契約項目には必ず返済期日があります。

 

この返済期日の約束を守らず借主の義務を果たせない場合債務不履行となり、損害賠償を支払う義務が発生するというわけです。
損害賠償は、債務不履行によって生じた損害を賠償するのが原則ですが、その損害がいくらあるのか算出する必要があります。
損害額の算出はとても難しく、裁判で鑑定人に頼んで算出してもらう等時間とお金がかかります。

 

それを見越して、手間や無駄な出費を抑えるために将来債務不履行が起こった場合の損害額を予測しておきます。
実際に債務不履行があった場合、その損害額がどれくらいあるかに関わらず、予測していた損害賠償金を支払うことにする特約をすることが認められています。
これを損害賠償額の予定と呼び、遅延損害金となります。

 

通常、遅延損害金は利息と同様に制限が設けられており、制限利率の1.46倍までと定められており、それを超える部分については無効となります。
しかし、利息制限法には遅延損害金に関する規定を「損害賠償額が予定されている場合」と記載されているので、予定の無い場合は法律が適用されず、制限利率と同率としか認められていません。
消費者金融系の会社では、事前に連絡すれば支払い期日を延ばしてくれる所もあり、変更後の期日まで遅延損害金は発生しません。
一方信販系や銀行系では返済日の変更は困難ですので必ず返済日を守る必要があります。

 

 

主婦でも借りられるキャッシングはこちら


このページの先頭へ戻る