主婦でも借りられるキャッシングの必要書類を事前確認

必要書類を事前確認する

キャッシングの申し込みをする際、原則的に身分証明書が必ず必要であり運転免許証、健康保険証、パスポートのうち1点を提出します。
住所変更などしている場合は、裏面のコピーや公共料金の領収書等が必要になるので注意してください。
他にも、外国人の方は外国人登録証が身分証明証となりますので持参が必要です。
インターネットでの申し込みの場合は、審査通過後に身分証明証の写しをFAXや郵送又は無人契約機に持参する形となります。

 

例外的に、貸付額が一定額を超える場合、収入証明書が必要となります。
収入証明書には、給料明細(数か月以内のもの)、源泉徴収票、確定申告書、課税証明書等があります。
サラリーマンなら源泉徴収票か給料明細の写しを提出し、自営業の場合は確定申告書か課税証明書を提出することになります。
収入証明書の提出は、貸金業法の改正により総量規制(貸金業者からの借入額が年収の1/3までという規則)が導入されたことによって、この条件を満たしているのか年収証明を利用して確認する義務が業者側に課せられるようになったからです。

 

しかし、少額の借入に対して収入証明書を提出するのは大変です。
その為、貸金業法では貸付が50万円を超える場合、全ての貸金業者からの貸付合計が100万円を超える場合に提出を義務付けています。
50万円未満の貸付に対しては法律上確認義務はありませんが、貸金業法に対する規制も強化されており、慎重に審査するために提出を求める業者も増えています。
事前に各業者に確認しておくとスムーズに契約できます。

 

 

主婦でも借りられるキャッシングはこちら


このページの先頭へ戻る